山歩き

魅惑の美ヶ原高原

山へ行こう、行こうと思いつつ、なかなか実行できずにいた。

折りしも映画『岳-ガク-』が公開になり、先週観に行って来た。

もうこうなると誰も止められない。

今回目指すのは、日本百名山でもある『美ヶ原高原』。

その魅力はなんと言っても、眺望の素晴らしさ。

富士山を始め、北アルプスなど日本百名山のうち41座もの山が見えるのだ。

そして、頂上にひろがる牧場は、まるで外国にいるかのような錯覚を起こさせる。

自分にとっては極上の癒しなのである。


朝5時に起きて、出発。

通い慣れた道も、いつも新鮮な感覚がある。

そして、出発点となる『三城いこいの広場』に到着。

01_2

今日は絶好の天気で、これから目指す『王ヶ頭』がバッチリ見える。

思わず、写真を1枚。

02

さて、いよいよ出発だよ。

03

歩き始めると、桜が目に飛び込んで来た。

里よりも1ヶ月も遅く桜が楽しめるとは思ってもみなかった。

04

歩き始めて気付いたのだが、登山道が随分と整備されている。

昨年来たときは、水が溢れていたりかなり悪路な区間もあった。

しかし、今年は石を敷き詰めたりしてあって歩きやすい。

これも『長野県森林づくり県民税』のお陰かな?

45分ほど歩くと『広小場』に到着。

ここでも見事な桜がお出迎えしてくれた。

うん、綺麗だね!

05

さ~て、これからが本番。

美ヶ原目指して頑張るぞ~~!

06

今年は例年になく季節が遅いのか、木々に葉っぱが無い。

いつもだったら葉っぱが日傘の代わりになり気持ちよいのだが、

今日の天気に禿げ坊主は少々キツイ。

けど、ご褒美もあったよ。

それは、カモシカとの遭遇。

最初は、倒れた木の根っこかと思ったが、いやはや・・・

微動だにしなかったから、全く気付かなかった。

00

1時間15分ほどで『百曲がり』終点に到着。

思ったより早く着いたね。

ここから『塩くれ場』へ向かうのだが、今年は違う。

昨年に出来た『アルプス展望コース』を歩くのだ。

08

上の写真の(烏帽子岩経由)が、それ。

今日は、空が霞んでいて眺望は期待できないが楽しみだ。

おっと、その前に『茶臼山』の写真を1枚。

標高が2006メートルなので、2006年に登山ブームになった山。

ただ、それだけのこと・・・

07

案の定、眺望はイマイチ。

けど、荒削りな道は野趣が溢れていて気持ち良い。

『烏帽子岩』は初めてなので、どんな岩かとても楽しみだ、

ほどなくして岩場があり「これかっ!」と喜んで写真に収めたが、なにか様子が変だ。

疑問に思いながら歩くとまたもや岩場が・・・

今度こそ!と思ったが、何か釈然としない。

すると前方に猿の顔のような岩が現れた。

10

これだ~~~!

後で分かったのだが、このコースには3箇所岩場があるとのこと。

最初から知っていたら、良かったのにねえ。

でも、2つの岩場からは松本市街がバッチリ見えて感動だったよ。

帰宅してから写真を確認したら、我が家も映っていた。

まあ、我が家からも美ヶ原は毎日眺めているから、映って当然なんだけどね。

『烏帽子岩』は危険とのことで、先っぽまでは行けなかったよ。

11

前方には『王ヶ鼻』が見えた。

12

そして『王ヶ頭ホテル』も、いつもと同じく威風堂々としている。

09

かれこれ1時間ほどして『王ヶ頭』に到着。

そろそろ腹ごしらえをしないとだね。

『王ヶ頭ホテル』の前のベンチに座って、おにぎりを頬張る。

外のベンチで食べられるほど天気が良いのは初めてだ。

1時間ほど休憩してから出発。

『王ヶ頭』に戻って記念撮影。

13

2034年には、ブームが起きて観光客でごった返すんだろうね。

さて、次に目指すは『王ヶ鼻』。

と思ったが、ひまわりの調子が良くない。

今回はあきらめて下山した。

最後に今日のコースのおさらい。

14

久し振りだったせいもあるか、今日の山歩きは至福のひと時だった。

日頃のストレスや運動不足が一気に解消されて、ホントに気持ち良かった。

が、やり切れない気持ちもある。

それは、整備された登山道の脇に積まれたゴミの山。

整備作業の際に出たものなのか、一斉清掃で集められたものか分からない。

が、山にこれだけのゴミがあることがとても悲しい。

唯一の救いは、最近捨てられたものが少ないこと。

そうは言っても山のマナーが年々悪くなっていることは歴然とした事実。

タバコの吸殻や菓子の袋が当たり前に落ちている。

せっかく楽しかった出来事を書いているのに、こんな形で締めくくるのは残念で仕方ない。

でも、山にはまた行くよ!

|

美ヶ原が呼んでいる~つづき~

牧場には、たくさんの牛が放牧されていた。
青い草に白と黒のツートンの牛がやけに映える。
妊娠しているらしき牛もいたよ。
特別に牛が好きってわけでもないけど、見てると可愛く思えるから不思議だ。

08

09 10

11

12

13

14

緑の草原と雲と牛を眺めながら、ぼちぼちと歩く。
しかし、ほんとに気持ち良いね。
久し振りだから余計に気持ち良く感じるかもね?

15

16

11:23 王ケ頭ホテル到着

ホテルの食堂でのんびりと食事。
夏休みのせいか、いつもより多勢の観光客で賑わっていた。
暑かったので、ソフトクリームはあっという間に完売してしまったようだ。
生憎の曇り空で富士山や北アルプスは見られなかったけど、充分山歩きを堪能できたよ。
50分ほど寛いでから下山開始。

13:50 広小場到着

14:23 三城到着

近間のいつもの山だったけど、季節が違ったので思いのほか楽しかったよ。
今年は何かと忙しくて山歩きもままならない。
けど、せめて紅葉のころにもう一度美ヶ原に来たいね。
一杯一杯元気を貰ったから、また頑張れるよ。
ありがとう、美ヶ原!

| | トラックバック (0)

美ヶ原が呼んでいる

ふと気が付けば、朝晩はすっかり秋の風…
昨年と違って今年は冷夏だよね。
見上げた北アルプスの山々は、雪化粧がなくなり緑が色濃くなっている。
毎日眺めている美ヶ原高原も真夏の装いだよ。

清水の舞台から飛び降りるような決断から早2ヶ月。
ようやく気持ちも落ち着いて…と言うか、やっとこさ先が見えてきた。
この間のストレスは相当なものだったよ。
分不相応というか、肯定と否定の繰り返し。
山歩きもとんとご無沙汰してしまった。

ほ~んとに久し振りに山へ行くことにした。
禁断症状と気分転換と健康のために…
行き先は、我が家の定番「美ヶ原高原」。
でも、真夏に行くのは初めてなんだよ。

6:25 自宅出発

コンビニで朝食用と昼食用のおにぎりを買って、登山道入口の三城を目指す。
まだ道は空いていて順調に到着。
途中の坂道では、愛車が唸りまくってちょっと心配になっちゃった。
やはりコンパクトカーでは、しんどかったかな?
車中でおにぎりを頬張り、身支度を整える。
駐車場から見える王ケ頭もいつもの姿でお出迎えしてくれた。

01_4

いろいろな花も咲き誇っていて目を楽しませてくれた。

02_3

03_3

8:20 三城出発

春先だと殺風景な登山道も、夏は草が生い茂り、様々な花が咲いている。
どれもが可憐で思わず抱きしめたくなる。

04_3

05_3

9:02 広小場到着

広小場にはたくさんの家族がテントを張っていて、高原の自然を満喫していた。
この子供たちは幸せだね。
さ~て、いよいよ百曲がりだよ。
気合を入れて歩きますか。

10:35 塩くれ場到着

1時間半ほどで塩くれ場に到着。
いつもよりハイペースで歩いたのか予想以上に早く着いた。
それほど疲れがないのは良かったが、心配していた股関節痛が出てしまった。
最近スクワットしてるときに痛みがあり、騙し騙しだったのだが無理だったか…
実は、数年前に股関節痛を発症していて今回は再発になる。
原因不明なのが不安だが、上手く付き合っていくしかないね。

しかし、ハクサンフウロが見事だね。
名前には聞いたことがあったが、こんなに沢山群生しているのを見たのは初めて。
ある種の感動を覚えたよ。

06_3

07_3  

遠くに王ケ頭ホテルが見える。
さて、もうひと踏ん張りだ。

08_3

| | トラックバック (0)

アルプス公園

何かと忙しく、山歩きもとんとご無沙汰している。
昨日も美ヶ原高原へと思ったが、天候が怪しく断腸の思いで諦めた。
禁断症状も限界で、いつどんな風に爆発するか分からない。
今日こそは歩かなければ、それこそ世紀末が来てしまうよ。
そんな訳で、近間だけどアルプス公園までお散歩に出かけた。

自宅から5分ほど上ると、松本市街が一望できる穴場的なりんご畑がある。
何故かしら心が落ち着く不思議な場所なのだ。
当然のことながら作業をしている農家の方はいても散歩している物好きは我が家だけ。
変人と思われてるかも…

りんご畑を抜けるとひまわりが咲いていた。

01

「ひまわり」は、愛する女房のハンドルネーム。
可愛いよね~heart02

公園に向かうまでの山道(舗装はされてるよ)を歩いているとコスモスを見つけた。

02

他にも名も知らない花が一杯咲いていて、楽しませてくれた。
ちょっとキツイ坂道を上るとアルプス公園東口駐車場に到着。
連休ということもあり、沢山の車が止まっていた。

「アルプス森のかけ橋」を渡って「森の入口広場」に到着。
左に行くといつもの広場だが、今日は思い切って未体験ゾーンへ突入。
以前から行ってみたいと思っていたのだ。

坂道を下っていくと「ねむの木」の花が咲いていた。

03

遠くで見るのと違って、妖艶な感じがした。
ホタルブクロも綺麗に咲いている。

04

それにしても良い天気だね。
木のガードレールも趣きがあるよね。

05


さらに下っていくとお目当ての「古民家体験学習施設」に到着。
中に入ると、木と漆喰がとても見事だった。
古民家を模倣しただけあって、囲炉裏があるのには参った。

06

ここは、無料休憩所にもなっていて、既に2組が休んでいた。
我が家もしばしの休憩。
あまりの気持ち良さに現実の世界を忘れてしまったよ。

時間もそろそろになったので、帰りますか。
下ったってことは上るってことで…
は~、しんどいね。
そしたら、ご褒美があったよ。
わずかだけど、常念岳が見えた。

07

お~い、元気か~!

2時間ほどの散歩だったけど気持ち良かった~。
今週末は「美ヶ原高原」に行けると嬉しいな~!happy01

| | トラックバック (0)

北八ヶ岳・高見石

最近なにかとバタバタ続きで、心に余裕がなくなっていた。
バタバタの結末はバラ色の人生なんだけど、代償が大きいからちょっとブルーな気分になっちゃった。
こんなときは、山歩きに限る。
なんてったって、雄大な山を見ていると自分のちっぽけさがアホらしく思えてくるからね。

そんなわけで、今日(6月20日)は北八ヶ岳の高見石に出掛けたよ。
麦草峠の駐車場に着いて、「あらまっ、ビックリだわ!」

001

トイレが綺麗になっちゃって、どうしちゃったの?
確かに今までのは、ちょっと酷かったから嬉しいね。
さっそくお世話になりました。
やっぱ、綺麗だと使っても気持ち良いね。
さて、準備も整ったし出発だよ~!

002

いつもの見慣れた道も季節が違うと新鮮で楽しい。
青空に浮かぶ白い雲も何故か絵になる景色だ。

003

赤いお屋根の麦草ヒュッテも笑顔で迎えてくれた。

004

それにしても新緑が眩しいね。
木立の中を進むと「奥庭」に出た。

007

イワカガミが綺麗に咲いていた。
最初名前が出てこなくて四苦八苦…

008

白駒荘で小休止したあと、いよいよ登山道へ。
久し振りの木道だが、思ったより順調なペースで進める。
ひまわりも結構な足取りでついて来る。
標高が高くなくてもやっぱり山は楽しい。
そうこうしているうちに高見石小屋へ到着。

ちょうど団体さんとかちあってしまった。
高見石まで登って絶景をと思ったが、ひまわりが本調子じゃないので今回はパス。
小屋で昼食を食べてから下山。

ほんの数時間の山歩きだったけど、充分リフレッシュできた。
これから目標に向かって頑張ろうって気にもなれた。
やっぱ、山歩きは止められない!

| | トラックバック (0)